★引越しをお急ぎの方はこちら★

【当日~2週間後まで】引越し後のスケジュール・必要な手続き・やることまとめ

引越し料金最大50%にしたいなら引越侍を絶対使いましょう!

転居後の手続きもスマートに

引越後にやるべきことは、事前の準備に比べて少ないのですが、転入届などは転居後14日以内と決まっていますし、おおよそのことは2週間以内くらいに終わらせてしまうのが良いでしょう。車を持っていない場合は自家用車関連の手続きが不要、お子様がおられない場合は学校の手配が不要等ありますが、一般的に必要とされるものを挙げますので、ご自身にとっての必要有無の確認も含めて目を通してみて下さい。

【お引越後にやること(2週間以内が目安)】

  • ご近所、大家さんへのご挨拶
  • 転入届(県外への転居)または転居届(市内での転居)
  • 印鑑登録手続き(県外への転居の場合に限る)
  • 国民年金住所変更(社保の被保険者、被扶養者でない場合)
  • 運転免許証、パスポートの住所変更
  • 自家用車、二輪車の住所変更(車庫証明取得含)
  • お子様の転入手続き(公立に通う場合のみ)
  • 母子手帳の住所変更
  • ペットの住所変更
  • 公共料金の使用開始手続き
  • 郵便局での転居届
  • クレジットカード等の住所変更
  • 指定ゴミ袋の購入

その他、引越の荷物を開梱した後のダンボール回収依頼なども少し落ち着いたら必要です。また、市町村の多くがゴミ収集に関する規定や曜日を記載したカレンダーなどを作っていますのでゴミ、瓦礫の収集場所確認も含めて早目にチェックしておくことが必要です。おおよそのばあい、各地域にある交流センター、公民館などに行くと確認することができますし、アパートなどの集合住宅の場合はゴミ捨て場に掲示されていることもありますのでしっかり確認しておくことが望ましいです。

これからのご近所づきあいもスマートに

なお、ご近所、賃貸物件の場合は大家さんへのご挨拶も必要となりますが、石鹸や洗剤は家々に好みがありますし、タオルなども同じく好みがあります。そのため、最近よく好まれるのは前に住んでいた地域の名物、お菓子などです。

嫌いなものでも職場の方に食べて貰ったりできますし、貰って嫌な気分になるひとはほとんどいません。ご近所には500円程度くらいのもの、大家さんならば1,500円から2,000円くらいのものが最近の相場のようです。比較的日持ちがする焼き菓子、干菓子などが良いと思われ、前に住んでいた場所以外にも学生さんならばご実家周辺で人気の物でも良いと思われます個性的なものを避け、個包装で適度な数入っているものが人気です。

ご挨拶、各種手続きをしっかりこなして、ぜひ快適な新生活をお楽しみ下さいね。引越し業者を決めるのも遅くならないうちにどうぞ!

引越し料金最大50%にしたいなら引越侍を絶対使いましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です