★引越しをお急ぎの方はこちら★

一人暮らしのインテリアの選び方!無印・ニトリ・ベルメゾン・ディノス・IKEAはどう?良い雑誌ある?

引越し料金最大50%にしたいなら引越侍を絶対使いましょう!

定番をおさえましょう

1人暮らしの家具、安さの定番と言えばやはり「無印」と「ニトリ」です。ちょっとオシャレに揃えたいとなると「イケア」だったり「フランフラン」だったりするのですが定番はベタに「無印」「ニトリ」です。雑誌というか、カタログ系で言えば、「ベルメゾン」「ディノス」などを愛用されている方も多いです。参考までにそれぞれの特徴をあげてみます。

【無印】

ナチュラル系、かつ統一感重視なら「無印」です。値段の割にそこまで性能が良いわけではありません。シンプルな無駄のない、統一性のある色やデザイン。揃えると意外と出費が嵩むが満足感は得られる。マットレスなど寝具で無印を愛用している方も多いとか。

【ニトリ】

シンプルな家具ながら比較的性能が良い。カーテンやシーツなど柄の選択肢が多い。とにかく安い上に頻繁にセールを行っている。どこにでも店があり家具から食器まで殆ど揃う。

【イケア・フランフラン】

オシャレ、ユニークな家具が多い。2人がけで10,000円以下のソファーなど、安いエントリーモデルから高級な家具も揃う。フランフランは雑貨店であれば都内にも散在するものの、イケアは巨大な倉庫展示スペースを一体型にした超大型店舗の土地を必要とするため、地方や郊外エリアへに出向く必要あり。

【ベルメゾン・ディノス】

安くて適度な品質の商品が購入できる。現物が見られないが、カタログと大差はない。自宅、新居まで配送できるので手間がかからない。

yjimageSD0H9FNT

どのようなテイストの部屋に住みたいかにより、選ぶべき家具店やインテリアショップは変わってきます。ただ、はじめての1人暮らしの場合はそんなに費用もかけられませんし、ニトリかベルメゾンで十分だと思われます。本当に激安な家電を揃えたい場合はAmazonも活用可能です。

なお、基本的に統一感のある部屋にするためには、小物をさておき、大物家具を統一することが必須となります。最近は大物家具を持たない若者も多く、一概には言えないのですが、どんな部屋なら自分がくつろげるのか、居心地がよいのか事前に色々な案をだされることをオススメします。部屋のイメージを作りたいなら、IKEAの店舗に足を運んでみるのもオススメです!実際の部屋のような内装で様々な家具を展示していますのでイメージが湧きやすいです。

それに基づいて部屋を決めることが望ましいですし、室内に足りないものを買い足す場合も目安になります。なお、雑誌で言えば色々ありますがナチュラル系ならば「リンネル」「天然生活」などがお勧めです。無印店内にあるカタログも参考になると思われます。オシャレな、スタイリッシュな部屋を希望される場合はフランフランなどが参考になると思われます。書店のインテリアコーナーで色々確認されるのも1つの手段と思われます。

引越し料金最大50%にしたいなら引越侍を絶対使いましょう!