★引越しをお急ぎの方はこちら★

はじめての一人暮らし!家賃・光熱費・ネット回線でぶっちゃけいくらかかる?東京編

引越し料金最大50%にしたいなら引越侍を絶対使いましょう!

事前リサーチで出費の計画を

東京は地方と比較して物価、つまり家賃や生活費が高いと言われていますが23区以外では、緑がいっぱいのローカルエリアもあります。そのため山手線沿線と奥多摩のあたりでは同じ東京都でもまったく必要費用が異なるのです。そのため平均的と言われる費用を挙げてみます。光熱費に関して言えば、物件の条件や家に居る時間で大きく差が出ますが、1万円以内に収まるのが一般平均と考えても良いかと思われます。
yjimage7Y41PAQS

【東京で必要な生活費】

(1人暮らし・賃貸物件居住)

■家賃 6万円~8万円程度

実際、冒頭のとおり地域によりまったく異なりますが、23区内でも中心地であれば10万円以内の物件はなかなか難しく、特に女性であれば希望条件が多いのでお値段も上がってくると思われます。もし学校、職場に寮があればまずそこに住んで、慣れてきた後、物件を探す方が良いでしょう。

■水道代 1,500円~2,000円

基本的に、よほどのことがなければ2,000円超えることはなく、これは東京に限らずおおよそ全国的に変わりない価格です。

■電気代 3,000円~5,000円

家に居る時間によりますし、特に冬場はかさみますが待機電力を省く等、心がけ次第でいくらでも安くなります。オール電化物件も増えましたので、その場合はおおよそ8000円前後が目安です。

■ガス代 2,000~3,000円

ガスが引かれている場合は、電気代とガス代をあわせて7,000~8,000円前後になると考えられていると良いかと思われます。

■インターネット回線料金 3,000円~5,000円

ネット回線については、最近殆どの物件に回線が完備されていますのでご自身で手配する必要はあまり考えられません。だいたい、3,000円~5,000円が平均的な費用とされていますが、学校でアカウントを取れる場合は自宅ではスマホのみでも問題ないでしょうし、それぞれの用途によるかと思われます。但し、ゲームがお好きな方であれば、見合う回線を使いたいと思われますので、物件確認と同時にチェックしておいて下さい。

※今回の記事、自炊の有無などによる個人差もありますので、あくまで参考までに。。。

引越し料金最大50%にしたいなら引越侍を絶対使いましょう!