★引越しをお急ぎの方はこちら★

初めての一人暮らしの家具選びで気を付けること3つ

引越し料金最大50%にしたいなら引越侍を絶対使いましょう!

初めての一人暮らしは気分がうきうき

初めてのことがたくさん。慎重になろう

でも待って!家具選びは大事なポイントが3つあります。
それを知らないで家具を選ぶとあとで大変なことになってしまいます!
しっかり勉強してから家具やそれにともなうファブリックを選びましょう!

C789_yousyogaokaretatana_TP_V1[1]

その1.家の内寸を測る

まず、家具を買いに行くのは引越しが終わってからの方が望ましいです。その理由は、実家から持ってきた持ち物がどれくらい場所をとるか、生活するイメージを持つことが大事になるからです。
もし引越し前に先に家具を選ぶ人は、新居で自分が生活しているイメージをしっかり持ちましょう。

では、イメージできたら空いているスペースをメジャーではかります。ここに何を置いて、と想像しながらだと導線の確認もできるのでいいでしょう。計ったら間取り図に書くのがおすすめです。
実際家具屋さんに見に行くと、お店が広いので、家具が小さくみえることがよくあります。せっかく気に入って買った家具が大きすぎて使いづらかったり、最悪の場合は返品しなければならなくなることもあります。そういう悲しいことがないように、しっかり家のサイズを測ってから家具は買いましょう。

先程のサイズを書きこんだ間取り図には、マンションやアパートの周辺の図も書き込んでおくといいです。
実際家具を選んだときに、運べるかどうかをお店の人に確認するためです。中には変わった間取りで一部が細くなっていたり、段差があったり、廊下に曲がり角があったりすると運べない場合があります。

その2.デザインよりも使いやすさを選ぶ

せっかくの一人暮らし、おしゃれな部屋に住みたいと思いますよね。友達も呼びたいし、なにより自分が毎日楽しくなりそうです。しかし、デザインがあまりに懲りすぎて使いづらい家具は、だんだんと使わなくなります。しまいには部屋の片隅になる大きなゴミまたは服掛けとなるでしょう。
やはり重宝するのは、シンプルで機能性を重視した家具なのです。家具でストレスが溜まらないように、心に留めておいてください!

ELL96_cameratana1245_TP_V1[1]

その3.色を合わせる

あなたの好きな色はなんですか?その色を見ると元気が出ますか?それとも落ち着きますか?
どちらでも、あなたらしい素敵な部屋になると思いますが、ここで重要なのは色のトーンを合わせる、ということです。

カーテンやベッドカバーや小物などを、ナチュラルなパステルカラーで揃えると、優しい雰囲気の温かみのある部屋になりますし、ビビッドな色で統一すればスタイリッシュなおしゃれな部屋になります。

それがトーンがバラバラだと、人間は心理的に落ち着かない状態になります。
自分の部屋はリラックスするべき場所です。自分の好きなトーンで家具やファブリックを揃えるとよい、ということも是非気にして家具やファブリックを選んでください!

引越し料金最大50%にしたいなら引越侍を絶対使いましょう!