★引越しをお急ぎの方はこちら★

単身女性の引越しと一人暮らしの忘れがちな注意点まとめ

引越し料金最大50%にしたいなら引越侍を絶対使いましょう!

より安全な快適生活のために

単身女性の引越と一人暮らしにおいて、うっかり忘れがちな注意点があります。それは、あくまで学生寮や社員寮、女性専用物件の場合は構わないのですが、一般の住宅に入る場合「女性が1人で越してきた」ことを近所にアピールする危険性です。

ご近所がお子さんが小さいご家族やご高齢の方の場合は非常に先々心強い間柄になる可能性もあるのですが、単身ばかりの世帯の場合、どんな男性(ばかりではないとしても)がお住まいかもわかりませんしそこからどんな形で「ご近所に1人暮らしの女性が引越してきた」ことが広がるかわからないのです。

ご近所付合いより防犯対策を優先した方が良い場合もあることをしっかり把握してきましょう。もちろん大家さんへのご挨拶は必須なのですが、その際に大家さんに尋ねるか、または事前に不動産屋に確認しておくと良い項目がありますのでお1人暮らしをされる女性は、ぜひご参照下さいね。

【事前に確認すると良い点】

  • 転居先が女性専用物件であるかどうか。
  • どんな世帯、家族構成の方がお住まいなのか。
  • 大家さんが近くにお住まいかどうか。

また、新生活を始めていく中で注意すべき点もいくつかあります。

【新生活で注意する点】

  • 郵便ポストの名前は名字だけにする。
  • 洗濯物は女性の1人暮らしとわからないように干す。

yjimage2O18U778

昔は、1人暮らしの女性の場合、男性物のシャツを常に洗濯物に混ぜるとか、男性物の靴を玄関に置くと良いという話もありましたが実際、着ない物を洗ったり干したりするのはナンセンスですし、靴については、玄関を開けなければ良いだけなのであまり気にすべき内容ではありません。ただ、洗濯物は十分に注意を払って下さいね。一番簡単にバレてしまうポイントです。

高層階、かつ内側に干しても下着は在宅時以外ベランダに干さないことをおすすめします。また、洗濯物はその家に住んでいる人の内訳をおおよそ特定してしまうのでベランダの高さより低い場所に洗濯物が収まるよう、干し方に注意しましょう。自分の身は自分で、しっかり守りましょう。

引越し料金最大50%にしたいなら引越侍を絶対使いましょう!