★引越しをお急ぎの方はこちら★

学生の一人暮らしが狙われてる!?新聞勧誘・怪しい勧誘を断る方法

引越し料金最大50%にしたいなら引越侍を絶対使いましょう!

賢い知識で訪問販売撃退を

初めて親元を離れて1人暮らしを始める皆さんにとって、大学生活や新社会人生活はとてもワクワクするものですが、意外と新聞勧誘をはじめ各種勧誘に狙われていることもしっかり覚えておきましょう。

その断り文句も色々なのですが、相手はプロです。正直、まだまだ経験値の少ない皆さんには勝てない相手です。ただし、1つだけ方法があります。新聞、布団、化粧品など各種訪問販売に関する法律を学んでおくことです。

訪問販売の営業にその方面に詳しく、法を掻い潜って応戦してくる人はいません。法律的なキーワードが出ただけで二度と来なくなる可能性が高いのです。しっかりした知識で徹底排除しましょう。

yjimageP8G1K6TC

【特定商取引法 行政規制】

【1】 事業者の氏名等の明示(法第3条)

事業者は、訪問販売を行うときには、勧誘に先立って、消費者に対して以下のことを告げなければなりません。

  1. 事業者の氏名(名称)
  2. 契約の締結について勧誘をする目的であること
  3. 販売しようとする商品(権利、役務)の種類

【2】再勧誘の禁止等(法第3条の2)

事業者は、訪問販売を行うときには、勧誘に先立って消費者に勧誘を受ける意思があることを確認するように、努めなければなりません。消費者が契約締結の意思がないことを示したときには、その訪問時においてそのまま勧誘を継続すること、その後改めて勧誘することが禁止されています。

つまり、まずは相手が適正に訪問しているか確認の上1度やんわりとお断りをするのです。名札をつけていない場合、その時点でアウトではあるのですが。また、こちらに勧誘を受ける意志がないのに勧誘してきた時点で法律違反になることを示しています。さらに、2回目に訪問してきた時がかなり強力な法律効果を確認できます。

もちろん訪問している方に専門知識はないことがほとんどです。私たちは法律で守られていますので安心して落ち着いて対応して下さい。また、何があってもドアを開けては駄目です。ドアを叩いたり、しつこい場合は警察に相談しても構いません。いらない物はいらない、きちんと適切に処理、対処できるのが大人なのです。

yjimagePKG50LPE

引越し料金最大50%にしたいなら引越侍を絶対使いましょう!