★引越しをお急ぎの方はこちら★

学生一人暮らし、初めての部屋さがしは「家賃」「交通の弁」「間取り」「設備」を重視!

引越し料金最大50%にしたいなら引越侍を絶対使いましょう!

賢い人はまず寮に入るってホント?

春から大学生、専門学校生になる皆さん、どうして「最初の1年は寮がいいですよ」と一般的にまた多くの学校が言うかおわかりでしょうか。学生一人暮らしの場合、初めての部屋さがしは「家賃」「交通の弁」「間取り」「設備」を重視すると良いと言われています。その点について、土地勘のない人が簡単にクリアできる問題でしょうか。

例えば、ご兄弟や先輩、親御さんがその地域に詳しいとします。その場合はともかくとして、そうでない場合、少しでも物件を捌きたい初対面の不動産屋さんをどこまで信用できるのでしょうか。もちろん、社会人であれば転勤にしても新入社員にしても、会社の先輩がその地域に居ますので、いくらでも情報はくれますし、信頼できる情報なのです。

学生さんの場合はどうでしょう。また、推薦入試に合格した場合は物件選択肢も多いです。しかしながら、後になればどうでしょう。好条件の物件はあっという間になくなっているのです。もちろん、早い段階ならば転居を考えると最初から賃貸物件を選ぶことが望ましいと思われます。4年間、またさらに院生になっても寮に住める学校は少ないですから。

yjimage1BB2FYS3

寮や社宅がないときは

しかしながら、すべての企業・大学に寮や社宅があるわけではありません。そんな時はできるだけ多くの希望条件を紙に書きだして「家賃」「交通の便」「間取り」「設備」など外せない条件を絞っていくことをお勧めします。家賃は誰にでも条件が良く、安価であるに越したことはないのですが、交通に関して言えば車や原付を持っている場合はちょっと不便でも構わないですし、都心部で車、と考えれば当然駐車場代が高いのでちょっと田舎に住まう必要も出てくるかもしれません。

トイレとお風呂が一緒では困ると思えば、当然そこが重要な物件選びのポイントになります。後悔しないよう、何日かかけて「譲れる条件」「譲れない条件」を振り分けてえらぶことをお勧めします。

引越し料金最大50%にしたいなら引越侍を絶対使いましょう!