★引越しをお急ぎの方はこちら★

一人暮らしで、賃貸の家賃・初期費用(敷金・礼金・保証金・仲介手数料)を値下げする方法!徹底まとめ

引越し料金最大50%にしたいなら引越侍を絶対使いましょう!

基本的なことから覚えておきましょう

家賃・初期費用を安くする方法は実際にあるのですが、まずは基本的な必要諸経費を覚えておきましょう。そして、値引きしやすい箇所を覚えておきましょう。賢く、削れる費用だけを削り最初に悪い印象を与えないようにすることが大切です。

敷金(保証金)

契約時に貸主様に預けるお金です。地域差はありますが、だいたい通常は家賃の1~2ヶ月分程度で、返却されません。

礼金

大家さんかた物件を借りるためのお礼です。

敷金・礼金は値引きできることもありますが、2年住むとしたときに、家賃を毎月3,000円下げてもらうか、敷金を1ヶ月分無料にしてもらうか、どっちが長期的に得かを考えて根切りを仕掛けるのが賢明です。

家賃

毎月払う賃料です。値引きできれば、毎月の支払いが減ると考えてください。
家賃は当月分又は翌月分までの家賃を前払いします。 月途中に住む場合、日割りの前払い半月分家賃を無料にするのはハードルが低く、成功しやすい値引きです。

管理費(共益費)

共有部分の維持管理に必要な経費で、家賃に含まれている場合もあります。ここを値切るのは現実的ではありません。

仲介手数料

賃貸住宅の紹介を受けた不動産会社に支払う手数料です。実際仲介手数料以外にも不動産会社は貸主様側から利益を受取る構造になっているので、この仲介手数料は値切ることが可能です。だいたい1ヶ月分が相場ですが、ゼロにすることも可能ですし、少なくとも半額にはできるはずです。

今日入居契約を決めたら、半額にしていただくことはできませんか?」が決める時のセリフとして使えます。(成功事例あり)

その他費用

その他、火災保険(家財保険)ハウスクリーニング費用、消毒費用・鍵交換費用などがありますので事前に確認を忘れないよう実施しましょう。なお、キャンペーン以外で敷金・礼金0円をうたっているところは退去時に莫大なクリーニング代を徴収されたり、入居しやすいので住民の層が悪い場合があります。

住環境が悪い場合が非常に多いです。そのため、事前に以下の内容を確認の上可能な範囲で値下げ交渉を行います。但し、繁忙時期は別に1人がだだをこねても、物件を探している人はたくさん居ますので、閑散時期以外で成果を上げるのはちょっと難しいかもしれません。ご幸運をお祈りしております。

yjimageVZMZHZWD

【家賃等、値段交渉の前に確認すること】

  • 該当地域、類似物件の家賃相場を確認する
  • 希望物件がどのくらい空き物件だったか確認する

【交渉に有利な時期】

  • 閑散時期(空き部屋は不動産屋にも大家にも無収益)
  • 月末(不動産屋の担当者がノルマに追われている場合有)

引越し料金最大50%にしたいなら引越侍を絶対使いましょう!