★引越しをお急ぎの方はこちら★

家電・服など、ゴミになりそうなもの(※家電は有料処分)は、売れないか?を考えてみよう。

引越し料金最大50%にしたいなら引越侍を絶対使いましょう!

賢く荷物のスリム化を

手放すものが決まったら、その方法を1つずつ考えていきます。

まず、一番良いのは身のまわりの人に聞いてみることです。特に学生さんの場合は、まわりに大抵何らかの家電を買わずに過ごしている人も多いので「冷蔵庫要る人いないかな」等、声に出して訪ねてみて下さい。特に、手放そうとしているものが家電の場合は、リサイクル料が発生しますので結構廃棄料金がかかります。

誰かの役に立つようならばその方がお互いに助かりますよね。ちなみに下記は廃棄の際にリサイクル券の購入が必須とです。

【リサイクル券が必要な家電品】

  • テレビ
  • エアコン
  • 冷蔵庫
  • 洗濯機(衣類乾燥機含)

それぞれ、大きさ等により料金がことなりますが、処分はなかなか大変です。よほど使い込んだものでなければどこかで使って頂くほうが良いかもしれないですね。

なお、上記も含めてリサイクルショップなどに引取って貰う、要するに売るという方法もあります。しかしながら、最近大手のリサイクルショップの店長さんが仰っていた話では「最近の若いひとはリサイクルショップで家電を買う傾向がなくなった。下手をすると、特に洗濯機の中古品は余り過ぎて売場を圧迫することがある」そうです。そうなると、買取価格も下がりますので考え物ですね。

家電以外のあれこれ

大きな家電以外にも衣類、書籍などが手放す、整理の対象になるかと思われますが、衣類などはどこに売っても二束三文です。特に衣類は買った金額の10分の1以下の価格になることは間違いありません。いつも少しずつネットオークション・メルカリなどを使って整理しておくことをお勧めします。

オークションは手間こそかかりますが、意外と良い値段で物が売れるものです。状態が良い、着ないものや使わない小物類はお引越と関係なく、定期的に手放す癖をつけておくと良いかもしれません。

また、書籍類はアンダーバーを引いたり書込んだ教科書等以外は殆ど売却可能です。但し、発売から時期が経過すると当然価格が下がりますので思い立ったらすぐに纏めて売却すると能率的です。最近ではインターネットで最低10冊くらいから売却可能です。CDやDVDも同様ですので、日頃から癖づけておくといざお引越になっても荷物が少なくスムーズです。

荷物を実家に送って保管しよう等考える暇があったら、譲渡や売却の方法を考えましょう。どうしても手におえない雑誌類は纏めて地域のリサイクルセンター、リサイクルステーションに持込むことも可能です。大物家具は間違いなくリサイクルショップに持ち込むのが賢明でしょう。引越を機に身のまわりを片付けるのも良い話だと思われます。

引越し料金最大50%にしたいなら引越侍を絶対使いましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です