★引越しをお急ぎの方はこちら★

引越しは計画的に準備しよう!準備期間と、やることリストまとめ

引越し料金最大50%にしたいなら引越侍を絶対使いましょう!

OZPA89_yoshidanbo-ruakeyou500-thumb-720x500-3283

はじめに

お引越を決めたら、半年〜遅くても1ヶ月前以上1ヶ月以上前に行動を開始しましょう。

★現在の住まいが賃貸の方

1ヶ月以上前に不動産会社等、管理会社に連絡して退去日等の相談をする必要があります。
物件によっては、2カ月以上前に解約届を出さないといけない規約があることも!
引越しが決まったらすぐに規約を確認しましょう!!

★現在のお住まいが持ち家・ご実家の方

新しく住む場所の手付き等を考えると最低でも1ヶ月前には動くことをお勧めします。

引越業者を使う場合は、訪問見積が必要な場合が多いです。
(訪問見積もりとは実際に現在の住まいを見てもらい、荷物の量を確認したもらった上で見積もりを作ることです)

単身の場合は、電話で見積が取れる場合が多いですが一概ではありません。
そのため、比較する時間の猶予や、早期割引、トラックの時間選びやすいことも含め、そのくらいの時期をお勧めします。

★春の繁忙時期(2月末から4月上旬くらいまで)について

繁忙期は引越トラックの空きが大変少なくなります!!
そうなると、希望の日時で引越しできないだけでなく値段も高くなってしまいます。
お盆休みに旅行するのと同じイメージですよね。
繁忙期に関しては、早めの2-3ヶ月前くらいからの行動が望ましいです。
以下のリストを参考にしてご自身に必要な項目をピックアップしてみて下さい。

お引越が決まったらやることリスト1(1ヶ月前)

  • 賃貸物件の場合は現在の管理会社へ連絡し、退去日、諸手続きの打ち合わせを実施します。
  • 駐車場を借りている場合も同様に、管理会社へ連絡します。
  • 引越業者を使う場合は見積の予約、実施をします。
  • お子様がいらっしゃる場合は転校届を出します。
  • お子様がいらっしゃる場合は、新しい学校を探し、新居を探す前に通学路等も把握しておきます。

お引越が決まったらやることリスト2(2-3週間前)

  • 異なる地域へお引越する場合は、インターネット新聞、ガス、水道等各種変更手続きを行いましょう。
  • 荷物の箱詰めを開始します。ダンボールが足りない場合、箱詰めされていないものは運んでくれない業者もありますのでしっかり確認することをお勧めします。
  • 大型ごみ等がある場合は、処分手続きを開始します。まだ使える不要家具は、引越業者の処分費が高いので可能な限りリサイクル業者に売却することをお勧めします。
  • 勤務先に転居の旨を伝え、住所等の変更を行います。

お引越が決まったらやることリスト3(1週間前)

  • ご近所へのご挨拶と引越当日トラックが入れる場所を確認しておきましょう。近隣へのお知らせも必要です。当日のトラブルに繋がらないよう注意が必要です。
  • 自治体に転居届を出す、国民健康保険の場合は同じく各自治体での手続きが必要となります。

※働いている場合は、平日昼間に役所へ行きづらい場合が多く、昼休みは混雑するので早目に動くことをお勧めします。

引越し料金最大50%にしたいなら引越侍を絶対使いましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です