★引越しをお急ぎの方はこちら★

引越し料金の相場、いつが安い?2-3月繁忙期に引っ越す場合は、1ヶ月以上早めに予約せよ!

引越し料金最大50%にしたいなら引越侍を絶対使いましょう!

PPC_1manensatu4mai500-thumb-750x500-1062

基礎知識を持って時期を選定しましょう

引越料金は運ぶ荷物と距離によって、おおよその値段が決まりますが時期によっても大きく価格が変動します。時期は、増税の兼ね合いや景気等にも若干左右されますが、以下のとおりです。急な転勤等でなければ、できるだけ繁忙時期を避けておくことをオススメします。また、引越業者によっては早期割引もありますが、そもそも1日でも早い方が引越作業の時間も選べますので、少しでも早い問合せ、予約が望ましいです。

【最も料金が高い時期:2月末~4月上旬】

学生、企業転勤が多く、新築など個人的な理由の場合もお子様の学校にあわせて転居される方が多いため料金が1年で最も高くなります。過疎地などではトラックの便自体を減らされる場合があり、料金も跳ね上がります。料金が高いからと悩んでいると、トラック自体がなくなったり希望の時間帯にお引越できなくなる可能性もある時期です。

【料金が比較的高い時期:4月中旬、8月~9月】

企業の転勤が春の次に多く、お子様の夏休みを利用した個人引越も多い時期です。但し、著しく集中する時期ではありませんので、お引越の候補日をいくつか挙げて安い日を選べば目を見張るような金額になることはありません。

【料金が普通の時期:2月初旬~中旬、10月】

辞令の早い企業、繁忙時期をずらして引越をさせる企業が2月初旬から動き始めます。また、10月異動の企業も比較的あります。しかしながら、学生さんのお引越などもありませんし、基本的に平均的なお値段になります。

【料金が安い時期:1月、5-7月、11・12月】

上記のいずれにもあてはまりませんが引越業者もトラックを遊ばせることはできませんので料金はかなりリーズナブルです。特に、引越専業の業者は破格でも従業員さんにお給料を払う必要がある以上は、どうにか1件でも多いお引越を取りたいのでかなり値引き交渉もスムーズとなります。

料金が安い時期にお引越できる場合も、土日祝日と大安を避け、午前中指定をしない、基本的にどの時間でもお任せしますと言えばかなりのお値引きができます。ただし、時間帯を指定しない話などはあくまで値引き交渉の際、値引きに使うと良いので最初は土日祝日や午前中指定でお見積を頂いて下さい。そこから「ちょっと高いですが、これって時間指定しなければ安くなりますか」とか「平日ならいくらくらいまで下がりますか」という問いかけをしてみて下さい。

あくまで全手段を最初から提示せず、交渉していくことも大切です。楽に交渉するには、引越しの一括見積サービスがオススメです。引越し侍を使いましょう!

引越し料金最大50%にしたいなら引越侍を絶対使いましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です