★引越しをお急ぎの方はこちら★

引越し業者の社員が語る!こんな業者はやめておけ!危険な特徴まとめ

引越し料金最大50%にしたいなら引越侍を絶対使いましょう!

OZPA89_danboruomottayatutochigau500-thumb-500x724-3282

前知識として…

日本には宅急便との兼業、個人経営も含めると数えきれないほどの引越業者があります。
選び間違えると家具や家屋を大きく痛めたり、荷物の紛失が起こる可能性も……

しっかりした業者を選定できるよう下記にリストを作ってみました!!
事前にチェックして気持ちよくお引越を済ませられることをお祈りします。

下記のリスト項目のいずれかが欠けている場合は、今一度立ち止まって契約すべきが考えてもいいかもしれませんね。

【チェックポイント1:事前対応】

  1. 見積依頼時の電話対応が雑でないこと以上に、電話の後ろの様子を確認し暴言等が飛交っていないこと。
  2. 電話対応者の言葉遣いが適切であること。
  3. ネット一括見積の折返し電話が良識範囲の時間であること。
  4. 道端で見るトラックが全て緑ナンバーであること。
  5. 日頃コンビニ等に停めているときまっすぐ道路を向いてきれいに駐車されており、輪留めがされていること。

【チェックポイント2:見積対応】

  1. 営業マンの身だしなみが適切であること。
  2. 見積時間に遅れず到着していること。
  3. 靴をきちんと揃え、動作が丁寧であること。
  4. 見積に遅れる場合、事前に連絡が入っていること。
  5. 営業車が汚れておらず、きちんと駐車できていること。
  6. 時間がかかっても相互確認しながら荷物確認すること。
  7. 一方的な説明や空返事をしない担当者であること。
  8. 勤務年数数か月(意外に多い)の担当者でないこと。
  9. トラック時間等の確認に事務所に電話をする際、目の前で電話でき、怯えず電話ができていること。
  10. 曖昧な案内をせず質問に答えられる担当者であること。
  11. 相見積に関し、嫌な顔をしない担当者であること。
  12. 金額交渉や質問に対し、不機嫌にならず笑顔であること。
  13. 支払方法や運送保険の説明がしっかりとできること。
  14. 他社の批判をしない、知ったかぶらない担当者であること。
  15. 強引な即決や手付金を要求しないこと。
MEMO
引っ越しの専門知識だけでなく、時間に追われがちな引っ越し作業において
「約束した時間に遅れてこない」という基本が守られているかは大変重要です。

【チェックポイント3:その他】

  1. 契約後の連絡内容が誰と話しても一律であること。
  2. 運送保険があり養生までしっかりできる業者であること。

補足として

その他、繁忙時期になると、日頃は野菜や穀物を運んでいるトラックが引越の荷物を運ぶ場合があります。
専業でない業者を使う場合や傭車(提携業者のトラック)を使う場合は、普段何を運んでいるトラックかしっかり事前に確認しておかないと荷物に異臭が残る場合があります。

また、営業担当者が著しく狼狽えている、落ち着かない場合は入社してから日が浅い可能性があります。
荷物の算定や価格提案で誤っている可能性がありますので、怪しいと思ったら営業担当者の変更を申し出ましょう。

他にもコンビニや高速道路のサービスエリアで停め方が雑な業者や、道端の作業風景を見て輪留めがされていない業者、白ナンバーの小型トラックも危険だと思って下さい。
さらに、高速道路等での過度なスピード(中には一般車両を煽る業者もあります)、コンビニ等でのドライバーの喫煙マナー等はその会社がよく見えますので、引越し業者は日頃から観察しておくことをお勧めします。

引越し料金最大50%にしたいなら引越侍を絶対使いましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です