★引越しをお急ぎの方はこちら★

現在の住居の退去予定日、解約の手続きは1ヶ月前までに必ず連絡を!(引越し準備)

引越し料金最大50%にしたいなら引越侍を絶対使いましょう!

<h2引越しをする時に気を付けるべきポイント

引越しはやることがたくさん!準備編

大学進学や就職、結婚など、何かを機に引越しをする、という人は多いと思います。入居日と退去日の決める時に、注意するべき点がいくつかありますので確認してください。

48100192eaf09f233c5eee1e3a9a5373_m

いざ引越し!・・・その前に

賃貸物件から引越しをする場合

現在、すでに賃貸住宅に住んでいるという場合は、まずは現在の住居の管理をしている不動産屋に、退去予定を報告しなくてはなりません。

退去するという報告の時期は、基本的には退去日の1ヶ月以上前となっています。しかし、物件の契約内容によっては異なる時期が設定されている場合もありますので、必ず契約書を確認してから退去日を決める必要があります。

この退去の時期ですが、思っているよりも意外と決定するのが難しいものです。なぜなら、まだ新しく住む物件が決まっていなかったとしても、先に今の住居の退去の申し入れをしてしまって、期日までに引っ越しが完了しないという可能性も少なからずあるからです。

不動産屋の立場としても、できるだけ空き部屋になる時期をつくることは避けたいので、現在の居住者が「○月○日に退去します」という連絡がきたら、すぐに新しく住居の住人を募集しはじめてしまう、というケースがあります。ですので、もし今の住人が、次に住む住居が見つからなかったという場合には、不動産屋と退去日に関する相談を再度する必要があります。

しかし、相談できればいいですが、もしも次に住む人が既に決まっていたら・・・相談すらできなくなる可能性もあります。

現在の住居の掃除・片付け

また、退去日までにきちんと家の中を整理し、掃除まで済ませておかねばなりません。関東の場合は、入居時から住んだ年数を加味して、敷金から現状回復の金額が引かれます。長く住めば、その分、現状回復の金額は少なくて済みますが、もし短い期間しか住んだいなかったり、通常の生活ではできないような汚れや傷みが生じた場合には、多く請求されるケースもあります。
請求額を少しでも減らすためには、入居時のような、なにもない状態まできれいに整理しなければなりませんので、退去日を決める際は、その日にちも加味しなくてはなりません。

0057bb9781fa8e48384d7d50e54c9485_s

こういった事態を避けるためにも、退去日の報告をする時は、あらかじめ新居を見つけておくこと、また次にも述べますが新居に入居できる可能性が高いかどうかを把握し、自分の掃除や荷造りができるスケジュールも押さえたうえで、不動産屋への報告をすることが重要になります。

引越し料金最大50%にしたいなら引越侍を絶対使いましょう!