★引越しをお急ぎの方はこちら★

都市ガス・プロパンガスの違いは?プロパンガス物件はガス料金激高!要注意!

引越し料金最大50%にしたいなら引越侍を絶対使いましょう!

都市ガスとプロパンガスってどんな違いがあるの?

最近はオール電化の物件、住宅も多くなりましたが、一方で根強いファンの居るガス。たとえば、中には料理した際の煮物の味が違うという方もおられますね。大きく2種類に分かれますので、まず違いを知っておきましょう。

【都市ガス】

メタンを主成分とした天然ガス。海外輸入の液化天然ガス(LNG)が大半を占めます。いわゆる公共料金なので事業者が価格設定はできません。「都市部」だけが供給可能(地下パイプラインで供給)人口の少ない地方や山間部では供給していないタイプのガスです。パイプライン供給で配送コストがかからないので安く、災害発生時の復旧が遅いのが特徴です。

【LPガス(プロパンガス)】

プロパン、ブタンを主成分とした液化石油ガス。液化石油ガスの大半は海外から輸入されています。販売形態が様々で料金設定も自由に行えるため様々で比較しづらいです。都市ガスと比較して、料金が割高なことがほとんどです。ボンベ、配管、器具の安全確認のみなので災害時の復旧が早いのが特徴です。

実際、初期投資価格は都市ガスの方が高いのですが、アパートやマンションは建築時に費用計上されますので物件入居者にその負担はありません。中には家賃にそっと含まれている場合があるのかもしれませんが、表向きは一切わかりません。

反して、LPガスの場合は自由な価格設定ですので割安の場合も、割高の場合もありますし、世の中の情勢で価格も変動します。ただ、実際のところで言えば田舎に住めば都市ガス自体がありませんので、無条件でLPガスを選ぶことになります。あまりにガス料金が高い地域であれば、悩みどころではあるのですが。。。

また、安全面から考えると近年オール電化住宅(災害復旧は遅い場合がありますが)が主流になりつつある理由も解る気がします。不動産物件を選ぶ際、物件のハード部分だけではなくそういった公共料金部分もしっかり確認しておくことをお勧めします。

yjimageACFULEW2

不動産屋側が操作できるものではないので、意外ときちんと教えてくれます。また、中にはある程度の料金を取っておいて、ガス・水道は使い放題という物件もあります。寮や学生専用アパートに多いのですが、その場合は平均プラスアルファで料金を計算している可能性がありますので、相場を確認の上、毎月の出費となりますのでしっかり検討されることをお勧めします。

基本的には割安の都市ガス物件を選びましょう!

yjimageEX361KGO

引越し料金最大50%にしたいなら引越侍を絶対使いましょう!