★引越しをお急ぎの方はこちら★

1週間後、突然引越しするハメに。本当に間に合う?時短するコツは?

引越し料金最大50%にしたいなら引越侍を絶対使いましょう!

辞令は突然に!?1週間で引っ越ししないといけないなんて!

某テレビ番組ではないのですが、正直なところ「人事異動は突然に」という会社は世の中、結構多いです。引越センターの訪問見積を待って、ダンボールを受け取って…なんてのんびりしている暇はないのです。

そんな時に便利な必殺技、「電話見積」を使われることをお勧めします。インターネット見積でも構わないのですが、ちょっと一方的な部分があって、電話で会話しながら進める見積に比べ当日荷物が全部乗らない、という例もあるのです。

理由としては、大きな家具のサイズなどを詳しく確認せず「タンス」「机」など一般的なサイズ(何が基準かは業者ごとに異なるようで、同じ家具でも各社標準とするサイズが異なるようです)で計算するので、必ず荷物に見合うトラックを選んでいるとは言えないのです。事前に以下を確認して、電話見積を依頼すると非常にスムーズです。

yjimage8NM1EG32

【電話見積前しておきたい事】

  • 大きな家具を書き出し、おおよそのサイズを採寸
  • 家具以外を収納した場合の予想ダンボール数
  • 玄関から出ない、窓から搬出する家具等の有無
  • 大きな家具の分解可否(例:タンスが上下に分かれる等)
  • 部屋の外に自転車、原付等運ぶものがあるかどうか
  • 処分してほしい荷物の有無(通常は有料の業者が多い)
  • 自宅周辺、新居周辺の道幅(どの程度のトラックが入るか)
  • 当日のトラック駐車スペース有無

yjimage6L79FQOC

前述のとおりでもありますが、引越し業者が最も恐れているのは、予定していたトラックに荷物が全部乗らないことなのです。もちろん、近い場合は往復すればどうにかなるのですが、遠方の場合はそうもいかないのです。

そのため、2人以上のご家族の場合は殆どの会社が電話見積を拒みます。荷物が多くなり正確な荷物量の把握が難しいからです。ただし、引越が1週間後に迫っていること、単身の場合であることを条件にすれば殆どの業者が電話見積に応じます。

なお、それならばご家族でのお引越の場合は、どうするか?となりますが、訪問見積必須です。ご家族が誰か在宅していれば良いのですが、難しい場合は辞令がそもそも急でもありますので、人事に事情を話してお見積時、仕事を抜けさせてもらって下さい。

特に、3月などの繁忙時期には1秒でも早くお見積りを行わないとトラックがなくなってしまいます。また、ご家族分の荷物の場合は早目に荷造りも必要となります。多くの業者が前日までにトラックの配車を済ませますので「明日引越したい」をかなえるのは至難の業なのです。単身、世帯を問わず、少しでも早く動きまずは引越業者を選定することが賢明です。

引越し料金最大50%にしたいなら引越侍を絶対使いましょう!